2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 朴正煕軍事政権時代に政治犯として投獄された金芝河(キムジハ)氏に無罪! | トップページ | 統一教会が 「世界平和統一家庭連合」へと名称を変更  »

2013年1月 7日 (月)

韓国新聞記事が語る統一教会の朴正煕独裁政権から今日に至る政治家買収活動

韓国新聞記事が語る統一教会の朴正煕独裁政権から今日に至る政治家買収活動
韓国ウェブサイトで面白い記事を見つけた。

<朴槿恵!もう過去を語りましょう!>

3編:もう政界は、統一協会とのコネクションを明らかにせよ!

http://www.saminbon.com/xe/5010

 

これまでの統一教会と政治家との関係を扱った韓国メディアを紹介しながら、独自の理念に基づいた韓国人の方の投稿である。
日付が昨年9月なので、朴槿恵(パク・クネ)がセヌリ党の大統領候補として登場したのが7月なので、「朴槿恵!もう過去を語りましょう!」という見出しをみればわかるように、候補としての彼女を意識して書かれている。
日本との関係については、統一教会の資金源であることについては見落とされているが、この記事の評価すべきことは、過去韓国メディアの真面目な部分が、統一教会の政治家への買収活動をなんとか国民に明らかにしようとした努力に光を当てたこと。

韓国の反統一教会陣営といえば、統一教会の「異端」としての取り上げている既成キリスト教会が中心なのだが、彼らの批判もほとんどが「異端論争」の枠を出るものではない。

そのことを考えると、韓国の統一教会に反対する新たなる波を起こしてほしいと願わざるにはいかない。

以下、機械訳+

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           <
朴槿恵!もう過去を語りましょう!>

 

3編:もう政界は、統一協会とのコネクションを明らかにせよ!/

 

 <Park Geun-hyeLet's talk about the past> PART 3Now the political groups of ROK should talk about the connection with the Unification Church

 

下の文は、過去の新聞記事及びその他の記録物の資料をもとに作成させて頂きました。 

明白なこと統一教会は朴正煕独裁政権の庇護と癒着の関係の中で成長して今日に至ったものです。 

分析の結果、統一教会は 宗教法人の名前を借りて朴正煕独裁政権の国富の海外流出通路、隠し財産の管理、政権の対外宣伝活動など、事実上、朴正煕軍事独裁政権の外郭支援団体として活動しました。

 

これに現在 統一教会の財産は、朴正煕独裁政権が国民からこっそり持ち出した大韓民国国民の財産から形成されたものなので、今や大韓民国国民の名で返還、国民の生活を改善するために使用されなければならないものなのです。 

また統一教会は朴正煕 独裁政権の擁護者として積極的に活動したことに対して、主権者である大韓民国国民の前にひざまずいて謝罪し、自ら解体の道を進まなければならないと考えます。 

201295日 <バクソクサム> 

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今こそ、政界は統一協会とのコネクションを明らかにせよ!

 

 

 

1統一教会と朴正煕政権

 

 

統一教会は1952年釜山(プサン)凡一洞において、土壁家教会で始まり、1953年には大邱(テグ)に教会設立、 1954年にソウルで世界基督教統一神霊協会創設。1955 年大邱、釜山、ソウル地域で信徒数が700 人程度となりました。 教義の淫乱性だけでなく、教主が不法監禁の容疑で拘束収監されたり、幼い信徒殴打殺人事件まで発生し、社会的な評判があまり良くありませんでした。

 

 

ところが 朴正煕軍部が19615,16クーデター以降、1963531日に正式な国家公認団体として認めてられてから統一教会の地位は完全に変わることとなります。

 

 

1978 年の米下院が別名"フレイザー報告書を"発表するに至った主な目的は、朴正煕 軍部が統一教会を政治的目的に利用しようとしたという点を明らかにするためと思われますが、 米国は1976年パク·ドンソン事件、いわゆるコリアゲート事件勃発以降、統一協会と朴正煕政権の癒着関係を把握するために、60 人余りの調査団を韓国に派遣することになります。 

 

 

パク·ドンソン事件の概要は、統一教会が米国の銀行の管理権を掌握しようとしたということと、その銀行を介して持ち込まれたお金で米議会議員らを買収しようとしたということです。朴正煕政権が統一教会を介して、莫大な資金を導入し、米国国会議員らを買収しようとした理由は、表面上は米軍撤退に反対して、韓半島の共産化を防ぐためのものだったという言い方がありますが、一方では、朴正煕独裁権力に対する米議会の非難が強まっていることに対する反発をもみ消すためのものだったとも言われています。

 

 

米国は 1978 年、下院報告書(フレーザーレポート)を介して、 統一教会の米議会買収事件の背後には、 朴正煕 独裁政権があり、統一教会は、巧みにカムフラージュして宗教活動を表面的に打ち出しているが、実際は朴正煕の長期独裁政権を守るために組織された政治集団であることを明らかにしようしていたと思われます。

 

 

米下院報告書の発表を前後して、米国だけでなく全世界的に大々的な統一教会排除の動きが広がったが、その原因の一つが、統一教会の"洗脳術"だったと言われています。 1977 3 26 日米国の裁判所は統一教会の信者の洗脳術認めて、統一教会信者5 人に帰宅命令の判決を下した。それを裏付けるように当時統一教会信者だった学生は統一教会の訓練は反体制派を精神病収容所に監禁するのと全く同じだった... という証言までしたのでした。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1977032600329207021&editNo=2&printCount=1&publishDate=1977-03-26&officeId=00032&pageNo=7&printNo=9690&publishType=00020

 

 

 

 

1975 年、英国では、統一教会が人々を洗脳させて財産放棄を強要するなどの洗脳術を動員していると主張し、英国議員が調査を依頼した。米国でも 統一教会の洗脳術について、米国警察が調査に乗り出しています。 1975 年前のアメリカ親協会では、文鮮明 牧師の統一教会の活動のための議会の調査を要求し、1976 96日には米国は統一教会外国人信徒追放令まで出したのでした。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1976090600209207017&editNo=2&printCount=1&publishDate=1976-09-06&officeId=00020&pageNo=7&printNo=16901&publishType=00020

 

 

さらに、米国移民局は 1977 年 日本人の統一教会信者178人にも国外追放手続きに踏みきりました。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1977042500329207025&editNo=2&printCount=1&publishDate=1977-04-25&officeId=00032&pageNo=7&printNo=9714&publishType=00020

 

 

 

 

統一教会は宣教活動を口実に、世界 各国で繰り広げられていったが、そのたびにまず最初に、その国の新聞社を買収したと言われています。これは、その国での宣教活動より政治的、社会的問題介入に重点を置いたためと思われます。これに関連して、 文鮮明は、"宗教と政治を分離することは、サタンが最も願うもの"と言ったそうです。 

 

 

1979 年には統一教会がカナダに宣教基地建設計画を立ててトロント市一帯に10 余りの不動産を購入しようとしました。当時のカナダの牧師(デビッド)は、カナダが統一教会の宣教の目的に適しており、統一教会の意図は統一教会の教主を頂点とする神国家を設置し、北米の政治権力を掌握することにあるとまで主張したそうです。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1979102300209207023&editNo=2&printCount=1&publishDate=1979-10-23&officeId=00020&pageNo=7&printNo=17860&publishType=00020

 

 

統一教会に対する暴露はずっと続きました。 1979 5 25 日 統一教会を脱会したアメリカ人は、統一教会は、まるで唯一の集団体制の軍事機構と全く異なることはないという証言までするほどでした。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1979052500209207005&editNo=2&printCount=1&publishDate=1979-05-25&officeId=00020&pageNo=7&printNo=17732&publishType=00020

 

 

このように1970年前後半にかけて、世界各国に進出した統一教会は、外国人の間で大きな"資金力"を持った"大企業"のような存在、あるいは 洗脳術を利用する"カルト"集団、あるいは "お金"で政治権力を買収して、憲法と民主主義を否定して彼らだけの唯一の集団指導体制や神国家を立てようとする不純な政治集団などと認識され、社会的問題児として何度も世間を騒がせたのでした。

 

 

そうするうちに1979年には再びアメリカで統一教会が最小100人余りの米議会議員らの買収工作が表面化した。特に、統一教会が議員たちに"性的もてなし"を 提供した後、"暴露"するとして脅迫をする方法で、米議会の議員をその支配下に於こうという工作が暴露され、再び大きな非難と一緒に注目を浴びるようになります。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1979020500209207013&editNo=2&printCount=1&publishDate=1979-02-05&officeId=00020&pageNo=7&printNo=17640&publishType=00020

 

 

1980年代に入り、韓国と米国はすべて大統領が変わります。米国では、民主党カーター政権が終わって、共和党レーガン政権が立ち上がり、韓国では 朴正煕 大統領殺害事件(1979.10.26)後、前全斗煥政権が発足します。 

 

 

1970年代アメリカで統一教会が多くの活動をしている間、この集団が政治集団なのか、宗教集団なのかという問題が、多くの論争の対象となったが、1981年統一教会の固定資産税の減免関連訴訟で、ニューヨーク州最高裁判所は、統一教会がニューヨーク市で固定資産税の減免を受けることができないという判決をしています。この 判決は、統一教会がニューヨーク州に保有している財産は、 "政治的目的"で保有しているのであって、宗教的な目的で持っているわけではないという理由で減税対象とはならないというものでした。これで統一教会が宗教団体か政治団体かという議論は、 "政治団体"という裁判所の判決で終止符を打ったようにみえたのでした。

 

 

しかし、カーター後のレーガン大統領就任直後の、1982 年に米国の裁判所が、これを覆して統一教会を正式宗教団体として認めるようになったのでした。統一教会はレーガン政権の発足とともに、米国の裁判所で宗教団体として認められて、その結果、息を吹き返したのでした。

 

 

アメリカ大統領レーガンは、民主主義を渇望する韓国国民に対して非常に悪い政治活動を行ったのです。それはまさに1212クーデター(1979)と 5.18光州虐殺事件(1980)の主人公である全斗煥を二回もホワイトハウスに招請して歓待したのです。レーガンは5.18光州虐殺者 全斗煥に政治的正統性を付与しようとした人物でした。彼は韓国の民主主義の発展にはあまり関心がなかった人です。

 

 

このレーガン大統領と文鮮明の関係を示唆する発言が ボルティモア·クロニクルに掲載されたロバートパリーの分析文(リンク)に登場しています。文鮮明が信徒たちを前にして " レーガン大統領が私の言うことをよく従っている"と いう自慢話です。この部分について パリーは" 米国の保守政治家たちが統一教会に多くの支持を見せているようだが、それは文鮮明の宗教的影響力からはなく、単に彼が与えるお金に対する関心が多かっただけで、文鮮明のそのお金がすぐに統一教会が米国右翼の中に深く掘りにさせた効果を持たせたもの" と説明しています。 

 

 

また、 文鮮明は 、ジョージ·ブッシュ(父ブッシュ)とは親しい間で知られています。 

http://www.pressian.com/article/article.asp?article_num=60100720160947&Section=06

 

 

ジョージ·ブッシュは 文鮮明この神学校を建てた南米の文鮮明と一緒に旅行をした後の演説の報酬として10万ドル(1億ウォン)を受けたのです。ブッシュはその演説の中で、統一教会が運営する"ワシントン·タイムズ"を取り上げ、 "首都ワシントンを健全にする新聞"と賞賛したそうです。 統一教会が購入した  "ワシントン·タイムズ"は、1980年代には"反共十字軍"の役割を自任しながら、ワシントンの理念 の方向を右に動かす 多くの努力を傾けたという評価があります。 

 

 

統一教会は、米国政界で自分の位置を自分で自己陶酔に陥っているような姿を見せます。1989 3 23 日、 統一教会のNO2であるバクボフイは"誰も統一教会を通じずにはアメリカの政治家になることができない"と断言するほどでした・・. <関連記事>1989323 アメリカで政治的影響力の拡大...バクボフイ曰く、今後、統一協会の許可なしに誰もアメリカの政治家になれないだろう。 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1989032300329204021&editNo=3&printCount=1&publishDate=1989-03-23&officeId=00032&pageNo=4&printNo=13382&publishType=00020

 

 

前述したパリティの分析文に出てくる内容、すなわち米国の右派は統一教会の"お金"を望んだが"理念"に同意したわけではない"という言葉に照らしてみると、バクボフイその主張は"韓国国内向け"の発言と見なされます。お金を貢ぐことによって、統一教会が本当に米国の政治を牛耳ることができるのでしょうか?できるとするならば、それは統一教会の"政治力"ではなく"ロビー力"と云っていいでしょう。アメリカの右派が統一教会に協力すれば、それはぴったり"お金スロットル"に表れた数字だけの効果があるということでしょう。これは例えばジョージ·ブッシュから"ワシントン·タイムズ"の賞賛一言を引き出すに10万ドル(1億ウォン)がかかったことからもよくわかります。このような観点から見ると、バクボフイその言葉は、統一教会が米国政界に"お金"を如何に多くばら撒いたかを告白することでしかない。

 

 

バクボフイという人物を一言で云うならば、陸軍将校出身で、文鮮明の右腕として知られた人です。彼はまた同じ陸軍将校出身であり、朴正煕政権のNO2である金鍾泌の腹心としてもよく知られている人物です。ところでここで考えてみましょう。 一体何の理由があって、一宗教団体に、韓国中央情報部長である金鍾泌が介入し、またその腹心であり軍人出身であるバクボフイが宗教団体のNO2の座に座ることになったのか・・.こういうのは統一教会のアイデンティティを非常に混乱させ、まったく納得しがたいことです。 

 

 

このような混乱は統一教会を "宗教団体"ではなく"朴正煕政権から流出したお金を管理する団体"として見れば、すべてのものの前後がぴったり当てはまるのではないでしょうか。"宗教"ではなく "お金"の観点にみると、文鮮明は "ズボンの社長"、統一教会の実際のお金の主人は"朴正煕政権'、 バクボフイは 朴正煕政権から派遣された"お金管理人"・・.そう解釈すれば、状況が 容易に理解されるというものです。 

 

 

 

 

2。統一教会と韓国の政治

 

 

統一教会が米国政界と言論界に食い込んでいこうと"お金"を降り注いだとすれば、韓国では どうだったのでしょう?韓国はホームグラウンドという利点に加え、情報もあふれて、そこに"お金"まで与えれば 韓国政界、言論界、学界・・.などを曲げてつかん社会全般に食い込むのは朝飯前ではなかったのではないでしょうか? 

 

 

一つの重要な事例があります。

 

 

1987 6.10 抗争を契機に第5共和国憲法が廃棄され、現在の大 ​​韓民国の憲法が制定ました。考えてみましょう〜!アメリカの政治家までお金で買収しながら、米国の憲法と民主主義を破壊するという器用な夢を見ている統一教会が新しい民主共和国(6共和国)憲法が機能している格好を容認しますか!案の定、1988 年に我が国の国会議員選挙で統一教会が国会議員150 人に1 人当たり30 億で50 億ウォンの莫大なお金を散布したという記事が号外が出ました。別名"国会クーデター事件"といわれています。<関連記事> 野党の大物が大挙関係 文鮮明に忠誠誓約資金の授受 

http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1988042500209215014&editNo=2&printCount=1&publishDate=1988-04-25&officeId=00020&pageNo=15&printNo=20479&publishType=00020

 

 

 

 

この記事を見れば、統一協会が 言いなりになる 80人を国会に進出させる計画を持っていたとが明らかとなっています。この号外は 10万部が発行されましたが、配布直前、当時野党だったトンミンダン党員に発覚して押収されたということです。一言で統一教会の国会掌握の陰謀がマスコミに初めて記事にした出来事でした。 

 

 

ところでこのような工作は政界だけだったでしょうか?お金しか持ったことがない統一教会ができるとは 権力集団全体を対象にお金をばら撒くことが仕事だったと思います。 このように統一教会が裏で政治、社会、経済、文化、メディア、放送など各分野にわたり無差別的に" お金" をばら撒くのを放置すれば、大韓民国が統一教会版になってしまうのは火を見るより明らかでしょう。

 

 

あの "国会クーデター事件"があって24年が経ちました。過去統一教会がほとんど盲目的にアメリカ政界にアクセスして、自分たちの初期の政治的目的を達成しようとしていた点を勘案すれば、これまで私たち国民も知らない間に大韓民国の国会など政界はもちろんのこと、政府、裁判所、検察、マスコミも学界、宗教団体まで、統一協会がその魔手を伸ばし打った可能性は非常に高いと思います。私は主に、政界がこの部分について、国民の前に事実を告白すべきだと思います。 

 

 

統一教会が韓国の政界を掌握して追求しようとする目的は明確です。 ここで、文鮮明が直接言及したという話"統一教会の究極的な目的は、米国憲法と民主主義政府を破壊すること"であるという点を想起する必要があります。 

 

 

政界が統一協会版になれば、国民の "憲法上の基本権"は、別の世界のものとなり、ひたすら統一教会の腐った甘い汁を吸って権力を握った者たちの "国民に対する支配"だけが大手を振るうことになります。 自分たちが指名した人でなければ、社会全体に名刺も出ないほど"お金の管理" "版管理"俗称"水管理"をすることになるだろうし、国民の憲法上の主権事項である 選挙さえ " 自分たちが作った版" の中だけで行われるように""を組んでしまえば、国民は完全に統一教会の工作に包囲されるものであり、 こうなると文鮮明が非常に嫌いだった "民主主義 憲法" は、その意図どおりに.その動作が停止され、ひたすら国民を無視した自分たちカルトの秘密組織員(特殊階級)たち同士で通じる違憲的 " 特殊法" が横行するようになるでしょう。このような状況になれば 、国民は" 憲法上の基本権" を全く保証されない完全生き地獄に閉じ込められることになるのです。

 

 

私は今韓国で憲法が機能しておらず、法制度が完全に崩壊して一日40人以上(2010年基準である、今はもっと増えたように・・.)国民が自殺している"生き地獄現象"を見ながら 、私たち国民が知らず知らずに"憲法と民主主義破壊"のための統一教の秘密工作政治の罠にかけられて苦しんでいる状況ではないかはなはだ疑わしい限りです。 

 

 

政界は統一教会コネクションを今すぐ明らかにする必要があります。 軍事独裁政権後も、既存の政党出身の大統領を見れば一様に統一教会のコネクションが国民の耳に入ってきています。例えば、過去盧武鉉 政権でも統一グループで分かれたとSun Moonという企業が 盧武鉉側に 資金支援をしたとして物議に上がっていることを見れば、統一教会は韓国代表親日勢力であるニューライト系列やセヌリ党(ハンナラ党)側は、当然、野党側(ミントン党、トンジン党)にも深く関与していると思います。だから今、韓国の政界は与野党区別なく、昨今の生き地獄の現実を無視したまま、国民的議論に上げないようにしているのが現実なのです。

 

 

ところで我が国で統一教会の組織が 及ぼしている最も深刻な弊害は、統一教会がカルト組織の特性上、秘密組織の形態を帯びていて、公人が自己保持のために口をつぐんで国民に真実を明らかにすることなく、ひたすら国民を騙して、自分たちの腹の中に隠そうとすれば、一般国民は、彼らと統一協会とのコネクション実体を知る術がないということです。政治的に違憲的な目的を追求している統一教会コネクションを持っている人々が、国民を欺いて、ただ選挙の時の票だけを取って当選になったら、これらの人々が国民のために仕事をするのではなく逆に国民を欺いて財産を強奪して支配して、ひたすら自分たちの秘密カルト組織に得になることだけ選んですることになるでしょう。 

 

 

今、大韓民国政府、国会、司法など行われている多くの憲法蹂躙の現場を見ると、統一教会の魔の手がその所にも深く食い込んでいる可能性を排除できないと思います。この実体を今明らかにしなけれななりません。 

 

 

 3。非常に危険な親日組織統一教会

 

 

私たちは親日派パク·チョンヒ政権下に企画された統一教会が考えた、第2の韓日併合という"妄想"という夢を見せられました。 その証拠は統一教会が推進している 韓日海底トンネル建設事業でも明らかになっています。

 

 

統一教会は 朴正煕 死後、 全斗煥 政権当時の1983年最初の野心を持って韓日海底トンネルプロジェクトを推進しています。当時、韓日海底トンネルプロジェクトの建設にかかる金額は日本のお金3兆円(韓国お金で約30兆ウォン)。統一教会は、これを実現するために、 これまで韓国社会と政治の世界で執拗に支持を得て実現しようということです。統一教会が 日韓海底トンネルを介して解決しようとする最終的な目標が何かを説明する記事を照会します。 < 関連記事>韓日海底トンネル通路が見えない。

http://weekly.khan.co.kr/khnm.html?mode=view&artid=11714&code=115

 

 

記事の内容のうち、 "日韓は歴史的過ちのために、お互いの心の扉を閉じています。日韓の壁から崩れ、世界に平和高速道路を建設しなければならないというのが家庭連合の構想です。それでは、ビザなしで、国境なく、すべての人が自由に世界を往来することができます。 "というくだりに注目する必要があります。2006年の日本で放映された関連動画です。1981年文鮮明の演説が出てきます。 http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=142511

 

 

統一教会は1999年、世界平和統一家庭連合に改名をしたが、私が見る時それは一言で統一、平和、家庭に偽装した、日本の軍国主義の復活を話しているのです。 一度見ましょう。統一教会マーク自体が日本の旭日の日章旗じゃないですか!そんな統一教会の"血分け"の教義を韓日海底トンネルに適用してみると、統一教会が夢見る世の中とは、日韓海底トンネルを通って、韓国と日本が同じ血統になって、過去の葛藤を克服し、さらに世界の人々と血を混ぜて、世界の平和を成そうということです。こんな話ありますか?考えてみましょう。大韓民国の国民が、日本国民と血を混ぜる?単純な国際結婚なら個人間の事情でいくらでも可能ですが、それがどんな世界平和のためのプロジェクトの次元で行われなければならないのか?それもなんと現在のお金の価値で100兆ウォン以上をかけて? 

 

 

韓日海底トンネルを介して統一教会が解決しようとする最終的な目的は、これまで統一教会を体験した外国人たちの評価を見ると、日本の軍国主義を頂点とした世界統治権国家、世界統治唯一の集団軍事体制を作るという意図でしか解釈されません。 これは非常に危険であり、違憲的というものです。 ところが、政界がこれをただ一度も正式に問題にせず、一様に受け入れてくれたということが大きな問題ということです。 

 

 

今、韓日海底トンネルの掘削トンネルが用意されている日本唐津地域は過去壬辰倭乱の時、日本の30 万の大軍が集結し、韓半島占領のための艦船出征式をした場所です。統一教会は韓日海底トンネルを介して第2 の韓日併合という"妄想"を夢見ながら、表面上は家庭だとか平和だとか統一という良い言葉を全部持ってきて、人々を欺くために偽装しているのです。 

真に笑止千万です。

 

韓日海底トンネルと関連した記事をもう一つあげます。 < 記事>文鮮明総裁の夢 海底トンネル開け 

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=jpromo&logNo=10042858285&redirect=Dlog&widgetTypeCall=true

 

 

 ところが2011 12 月、韓国釜山と巨済島を結ぶ総延長9.2kmの連絡道(二つの橋と1つの海底トンネル)が開通し、韓日海底トンネルの区間である釜山(プサン)と巨済島がつながった。

 

 

これに関連して、日本側の動きを一度見ましょう!統一教会のあんな妄想を、日本政府が支援するかのように、20126月、日本は"原子力基本法"を変えて核武装の可能性を開いたのでした。そして、海外派兵のための自衛隊法を改正しようとする試みが続いている状況です。そこに、日本は最近、独島紛争はもちろん、中国、ロシアとの領土紛争などで北東アジアに混乱を持ち込もうと圧力をかけています。 このような中、李明博政権は、 2012 6 月に日本との軍事情報保護協定の締結を極秘裏に進めており、・・ このような状況であの韓日海底トンネルが実現するか考えてみてください!これは日本の軍国主義者たちに私たちの国民の財産、そして私たちの国民が汗を流したお金で工事費まで負わされた格好で、過去我が民族に洗うことができない傷や損害についての謝罪と賠償を無視する悪い隣国の日本を島国の孤立から解放させて、天文学的な経済的利益まで用意する形になるというものです。これは容認できないことです。

 

 

 

 

4。おわりに

 

 

朴正煕独裁政権下で大韓民国国民から巻き上げたお金で、大韓民国社会と政界を汚染し、途方もない日本の大東亜共栄圏構築の妄想を膨らませてくれている統一教会・・以上述べてきたように問題だらけです。

 

 

統一教会は経済的には莫大な資金を持って 、世界各国に浸透して投機的バブルを起こして株式市場と不動産を通じた様々な作戦とマネーロンダリングなどを通じて、世界経済の新自由主義の亡霊を無限に量産して出している地球の癌的な存在であります。また、 政治的には韓国はもちろん、各国の憲法と民主主義政府"を崩壊させる目的で、国内外の政界に影響力を行使しています。 

 

 

国民が主権者である国、憲法がある民主共和国では、到底容認できない軍国主義と専制国家を夢見る統一教会の無駄妄想をこれ以上容認することは、断じて許されないと思います。

 

 

また統一教会の財産は 朴正煕軍事政権から流出した大韓民国の国民の財産であり、国民に帰すべきものなので、このお金は大韓民国国民の中で回収した後、国民の生活のために使用することが歴史の道理だと考えます。

 

 

201295 <バクソクサム>

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

朴槿恵(パク・クネ) ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%A7%BF%E6%81%B5

« 朴正煕軍事政権時代に政治犯として投獄された金芝河(キムジハ)氏に無罪! | トップページ | 統一教会が 「世界平和統一家庭連合」へと名称を変更  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 朴正煕軍事政権時代に政治犯として投獄された金芝河(キムジハ)氏に無罪! | トップページ | 統一教会が 「世界平和統一家庭連合」へと名称を変更  »