2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« お知らせ 統一協会問題キリスト教連絡会はカルト問題キリスト教連絡会に名称変更 | トップページ | 画期的判決の控訴審始まる! 是非 傍聴を!!!! »

2016年3月24日 (木)

警察に見放され絶望の中での心中事件に 懲役27年の判決(豊田市一家放火殺人事件・名古屋地裁岡崎)3/22

Photo

中京テレビ3・22(動画あり)

http://www.ctv.co.jp/ctvnews/news86229152.html

以下、コピー

愛知県豊田市で、家族3人を殺害し自宅に火を放ったとされる男に、名古屋地方裁判所岡﨑支部は22日、懲役27年の実刑判決を言い渡した。

起訴状などによると松井芳治被告(66)は、去年5月、豊田市の自宅で、妻と娘、母親の首を絞めて殺害、自宅に火を放ったとして殺人などの罪に問われていた。

妻が約8200万円の詐欺被害にあったことを悲観して殺害に及んだとされることについて、裁判長は「一家心中もやむを得ないほど深刻な経済的苦境にあったとは到底言えない」などと指摘。

一方で「発端としている経緯は同情に値し、反省を深めている」などとして懲役27年を言い渡した。

[ 3/22 19:44 中京テレビ]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年5月、豊田市で妻が印鑑販売の女に騙され8000万円の被害を受け夫が警察、弁護士に相談しても妻本人が被害届を出さない限り難しいと言われ、解決策を閉ざされ人生を悲観し無理心中を計画するも、家族3人を殺害、放火したところで逮捕された村井芳治被告に懲役27年の判決が22日に言い渡された。

尊い3人の命が奪われた。卑劣な殺人事件と思われるかもしれないが、背景は日本社会の病を浮き彫りにしている。

印鑑販売の女が村井芳治の妻を騙しさえしなければ、こんな悲惨な事件は起きなかった。
家族関係をこのような形で終焉せざるを得なかった村井芳治の心境を、裁判官は経済的苦境としているが、ピントが外れていると思わざるを得ない。

 判決全文を読んだわけではないので、軽率なコメントと非難されるかもしれないが、ニュースコメントを頼るしかないのでお許し願いたい。

たまたま今ニュースで中学2年の男子が義父の虐待から逃れるために児童相談所に相談するも、その深刻さを相談者は理解できずに結局自殺を図ったという事件が流れている。

公的機関に相談しても取り合ってもらえなかったということでは、二つの事件はとてもよく似ている。前者は一家心中で生き残ってしまった村井被告。後者は自殺。

村井芳治が妻を殺害したいと思った心境は、恐らく騙されていることを説得しても、説得できずに余計に妻との関係を悪化させ憎しみしか出てこなかったのだろう。
統一協会も同じである。

騙す方はゴールがあるように見せかけて、絶対上がらせないサイコロを信者にふらさせる。信者はいつか上がりが来ることを信じ、それもすべて家族のためだと思い込まされている。家族が心配して警察、弁護士に相談しても被害者とされる人物が被害を申告しない限り取り合ってもらえないのが日本の社会。
村井被告の絶望感は、警察に相談しても弁護士に相談しても見放され,、
極限に達していたのではないだろうか。

愛する妻を手にかける以上、自分も死のうと決心した心境、私も清水与志雄牧師に出会うことがなかったら、娘と刺し違えていたかもしれない。眠れない日々が続き、記憶が断絶していることに周りから指摘され、我に返ることが何回かあった。

私は事件発生直後のブログで豊田市太田町の一家放火殺人事件の真相は、霊感商法に無策な日本社会の反映か!?と題して書いた。

私がこの事件を通して、霊感商法の犠牲者に対する「騙されたやつが悪い」という冷ややかな自己責任論に対して、そうではなく「騙したやつが悪い、騙された人は犠牲者」なんだという霊感商法対策弁護士連絡会の立場を改めて皆さんに知ってもらいたい。

もし、村井被告が騙されている妻に対して被害者という認識で寄り添えたら違う展開になっていたと私は確信している。

私は統一教会問題で自助グループを通していろいろな相談を受けるが、妻が入信して夫の通帳から無断で預金を引き出して献金してしまうという相談を受けることがある。
相談者はこのまま解決できなければ、離婚を覚悟されている場合が多い。

何とか離婚を思い留まらせ、諦めずに奥様のマインドコントロールを解く方法をともに考えるのがカウンセラーの役割である。

無断で献金にまわされた通帳の預金などの返金請求は、脱会後でしかできないという判断のもとで、信者となった奥様を離教させるためのアドバイスをしているのが現状である。
最終目的は、家族の絆の復帰である。家族復帰ができれば、離教は必然的についてくると私自身の体験から感じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照

統一教会関係裁判で画期的な判決 (2016.01.13東京地裁)

夫の意に反し、夫の通帳から信者の妻が統一教会に献金した事案に対して、統一教会の組織的関与が明らかとなり、統一教会に対して3400万円の支払い命令。http://www.stopreikan.com/hanketu/kk-sonbai/tokyo_h280113_1.htm

////////////////////////////////////////////////////////////////

« お知らせ 統一協会問題キリスト教連絡会はカルト問題キリスト教連絡会に名称変更 | トップページ | 画期的判決の控訴審始まる! 是非 傍聴を!!!! »

霊感商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1815064/64609838

この記事へのトラックバック一覧です: 警察に見放され絶望の中での心中事件に 懲役27年の判決(豊田市一家放火殺人事件・名古屋地裁岡崎)3/22:

« お知らせ 統一協会問題キリスト教連絡会はカルト問題キリスト教連絡会に名称変更 | トップページ | 画期的判決の控訴審始まる! 是非 傍聴を!!!! »