2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 二つの漏えい事件を通して見えてくる 統一教会とチェ・スンシルの不可解な関係 | トップページ | 韓鶴子来日???事実ならば、チェ・スンシル国政介入問題での取り調べ回避か »

2016年11月 9日 (水)

世界経典の編集委員に「強姦罪」実刑判決 台湾最高裁 2016/10

Photo                        強姦罪で実刑の判決を受けた馮滬祥元議員


 

世界経典Ⅰ英語版 40人の編集委員より一部引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.Fung Hu-hsiang

 Professor of Philosophy and Dean College of Liberal Arts National Central University 

Taiwan, Republic of China (Confucianism)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィン フーシング(馮滬祥)

リベラルアーツ国立中央大学 哲学教養学部の教授

台湾、中国共和国(儒教)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1991年に発刊された世界経典には、編集委員として、仏教学者、バチカンの聖職者、ヒンズー教の研究者など40名の名前が連ねてある。

その中の一人、台湾の馮滬祥氏、世界経典では儒教の教授と紹介されていたが、その後議員となり、台湾の副総裁候補として名声を得るようになった。

ところがである、フィリピン人のメイドへの強姦事件が発生し、この10月に最高裁で4年と4か月の懲役刑が確定した。

台湾ニュース 2016.10.09

元議員に従業員への強姦で有罪判決

http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2016/10/09/2003656807


文鮮明と同じ道をたどったこの先生。ウィキペディアにヒットするような先生だが、原理も学んだと経歴にあるにも関わらずこの体たらく!

世界経典の中に仏教、儒教の禁欲主義について文鮮明も称賛していると書かれてあったが、この馮滬祥氏、編集委員で儒教を紹介しながら、結果としては人間の業には勝てなかったようだ。

/////////////////////////////////////////////////////////

参照

『世界経典』出版奉献(一九九一・八・一五、出版)より引用

宗教一致運動の結実体と言うことができる『世界経典』が、一九九一年八月十五日に発刊され、八月二十七日、「世界平和宗教連合」創設大会に参席した宗教指導者と世界の碩学の前で紹介され、真の御父母様に奉呈された。世界各宗教の経典の真髄を選んで集大成した『世界経典』は、一九八五年、真の御父母様によって初めて構成され、アンドリュー・ウィルソン博士(アメリカ、統一神学大学院)が四十人の編集委員と共に、五年間にわたって仏教学者、バチカンの聖職者、ヒンズー教の学者の研究と協助を受けて出版した。総九百十匹ページ。

« 二つの漏えい事件を通して見えてくる 統一教会とチェ・スンシルの不可解な関係 | トップページ | 韓鶴子来日???事実ならば、チェ・スンシル国政介入問題での取り調べ回避か »

世界経典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1815064/68359795

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経典の編集委員に「強姦罪」実刑判決 台湾最高裁 2016/10:

« 二つの漏えい事件を通して見えてくる 統一教会とチェ・スンシルの不可解な関係 | トップページ | 韓鶴子来日???事実ならば、チェ・スンシル国政介入問題での取り調べ回避か »