2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

日記・コラム・つぶやき

2017年1月 1日 (日)

10年の節目の年

 

               新年おめでとうございます

 

東海地方は晴天に恵まれた元旦となり、小鳥たちのさえずりで目が覚めた次第です。 今年は、娘の入信がきっかけとなりこの問題にかかわって10年の節目を迎えます。

私の娘は30歳を過ぎて結婚することができ、昨年とても元気な一子を授かりました。
娘が脱会した当時、脱会後の結婚はとても大きなハードルがあると聞いていましたので、

こういう日が来るとは思ってもみませんでした。

 

私はどちらかと言えば、短気な方で絵を描くよりは写真、釣りをするよりは魚を食べる方が好きな人間であります。怒りにまかせて、ラジオを放り投げたこと、娘の顔を抑え込んだこともありました。

ストレートに反応してしまう性格をなんとか抑えて娘と向き合うことができたのは、すばらしいカウンセラーとの出会いでした。

今も日本のどこかで、人知れず悩み苦しんでおられるご家族がいると思いますと、浅学菲才の私ではありますが、今年もなんとかカルト啓蒙のブロッガーとして頑張りたいと思います。

 

本年が皆様にとって、家族の絆を取り戻す年になりますよう、心から祈念しております。

 

 1月1日

北風と太陽の管理人 kokoro

 

2015年1月 1日 (木)

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
昨年は皆様にとってどのような年だったでしょうか。
わが家は二人の娘が良き伴侶とともに新な人生の一歩を踏み出しました。
二月には初孫の顔が見れそうです。
さて、今年は地下鉄サリン事件から二十年となります。
優秀な人たちがなぜあの無差別殺人事件に入り込んで行ったのか?
その解明が十分なされることなく、判決だけが下されました。
オウムのみならず、統一教会、エホバ、等々世には善悪の判断を逆転させてしまう宗教や団体が未だ社会に根を貼り続けています。
どうすれば、このようなカルトから家族を救い出せることができるのか。
どうすれば、社会からカルトを抹殺できるのか。
微力ではありますが、今年も皆様と共に考えていきたいと思います。
今も苦しんでおられる御家族に本当の家族の絆が再び結ばれる日が、一日も早く来ることを、心よりお祈りしています。

北風と太陽 kokoro 2015.01.01

2014年12月 5日 (金)

ブログにトップページを作りました。

ブログのトップに「はじめまして」というwebページを持ってきました。

このページに掲載した海辺で遊ぶ家族の写真は、娘が統一教会から戻ってきた翌年、私ども家族を励ましてくれたカメラ同好会の友人たちと答志島へ行った時に、お世話になった民宿の若夫婦に案内されて水平線に沈みゆく太陽を撮影に行った時に、偶然若夫婦を被写体に撮影したものです。

0027dscn0027

 この写真を通していつも思い出すことがあります。家族の反対を押し切って韓国に嫁いだ日本人女性のブログです。

日本に帰っても小さいころ高い高いをしてくれた父親は既に他界し、受け入れてくれる親族もなく寂しい思いで韓国に戻ってきたというブログでした。

たった一度の人生ですが、やはり原点は家族だと思います。
誰でも小さいころ家族の手で持ち上げられ高い高いをしてもらいます。そして結婚し子供が生まれるとやはり高い高いで子供と遊びます。
家族と戯れる・・・この記憶の連鎖こそが家族をつなぎとめる大きなツールだと自らの体験から感じています。

2014年12月 2日 (火)

ブログ名から「nifty版」をはずしました。

Dscn23461


事前にお伝えしていましたが、旧「北風と太陽ocn版」はOCNの都合で2014年11月30日で閉鎖となり6年の歴史を終えました。
2年前からocn版を補強するために「北風と太陽nifty版」を立ち上げて書いてきましたが、本日よりブログ名を「nifty版」をはずし当初の「北風と太陽」に戻しました。

これまでのocn版の記事は「北風と太陽・保存版 」としてgooブログに残しました。

これからは、統一教会情報のみならず、私がこの問題で学習した内容もアップしていきたいと思います。
雑駁な文章しか書けませんが、宜しくお願いします。

私事ですが、統一教会から家族のもとに戻ってきた娘が先月結婚式を挙げました。
当時ご支援していただいた牧師さん、カウンセラーの方、友人たちにはすでにご報告させていただきましたが、あらためて本人共々感謝を申し上げます。

写真は、娘が我が家に戻ってきたときに1万円で買い求めた雑種犬のグッパ(雌)です。傷ついた娘の心を癒してくれました。

2014年10月18日 (土)

私のブログ事情

Photo



事情を知らない方は統一教会に特化したブログ「北風と太陽」が2本(このnifty版とocn版)存在していることに違和感を感じられていたと思います。
ocn
版はこの10月で7年目に入りましたが、2年前に統一教会系企業グローバルビューティーが霊感商法で全面敗訴した裁判記録を載せただけで、プロバイダーを通じて削除要請がきました。
匿名のブログの弱みに漬け込まれてしまいました。結果削除しましたが、過去ログへのアクセス数も多く、差し障りのない?記事を載せながら継続してきますたが、やはりきちんとした統一教会の実態に関わる情報も書きたいという思いで、削除要請に強いこのnifty版を立ち上げました。

数ヶ月前にOCNが来年3月でブログサービス「ブログ人」を打ち切るとの通知がありました。

「北風と太陽 OCN版」 http://kokoro.mo-blog.jp/weblog/ (2015年3月プロバイダー終了)


ocn
版の過去の記事をこのnifty版に移すことも考えましたが、コメントは移動できないとのことでした。無理に移動しようとすれば膨大な労力がかかるので悩んでいたところ、OCNからgooブログへの移動ツールが提供されコメントも移動できることになり、一昨日移動を完了しました。

goo
ブログ「北風と太陽 保存版」 http://blog.goo.ne.jp/kokoro2442


goo
ブログもNTT系ですので削除要請には弱いと思われますので、gooブログはocn版の保存版とし更新はしないことにしました。


今後の「北風と太陽」の更新記事はnifty版一本でまとめていきます。

雑駁な文章で、気ままなブログですが今後共、宜しくお願いいたします。

ブログ管理人 kokoro

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸 私の日常を書いているアメーバーブログはそのままです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年3月 5日 (水)

統一教会 宋会長 3.11犠牲者の御霊に暴言

2014年3月 1日 (土)

大震災犠牲者の魂と靖国神社を冒とく・・統一教会の「東日本大震災犠牲者慰霊祭」


統一教会系の宗教新聞社と平和大使協議会が主催して、平成24年2月23日と25年3月7日に靖国神社で開催された「東日本大震災慰霊祭」に仏教、キリスト教、神道の聖職者いわれる人物が参加したことは、やや日刊カルト新聞や心ある僧侶の方のブログなどで明らかとなっています。

昨年は、文鮮明が死亡した後ということもあり、その中で文鮮明の慰霊もあったと聞いています。
今年は靖国神社で開催されたとか、開催されるという話がネット上ではわかりませんが、この慰霊祭について私見を述べさせていただきます。

どんな宗教団体であれ、東日本大震災の慰霊祭は突然の大自然災害で人生を終焉せざるをえなかった人々の魂の慰霊であり尊いものだと思います。

でも統一教会の慰霊祭は全く違う意味が含まれていました。

3年前の東日本大震災が発生直後、統一教会の信徒への通達には、怪しげな内容が書かれていました。

『義援金』を信者献金で補填?統一協会教祖・文鮮明の集金手法 ・・

2013.4.10 やや日刊カルト新聞http://dailycult.blogspot.jp/2011/04/blog-post_10.html

またやや日刊カルト新聞には宋会長のとんでもない暴言が動画とともに掲載されました。

日本統一教会宋総会長、東日本大震災の津波被害に関し暴言を連発!
2012.6.12 
やや日刊カルト新聞 
http://dailycult.blogspot.jp/2012/06/blog-post_21.html

 

これらの記事によれば、地震の前日まで日本各地を公演していた大母様(テモニム)とよばれる霊能者・金孝南(キムヒョンナム)が、地震の数日後に行われた韓国清平の修練会でとんでもないことを言っていたとのこと。引用します。


「震災が起きる前に日本を巡回して大会をし、そこに1万人の新規参加者を条件にして、本来なら今回の地震は関東を直撃し関東地方を真っ二つ分断されていたところを震源を海に飛ばすことが出来た」

その直後の3月15日には、関東のある教区に次の様な通達がなされていたとのことです。この情報は北風と太陽の読者からも私の方に提供がありました。引用します。

「・・・もし一昨日の礼拝でのみ言が真実ならば、首都圏の私たちが逝く立場であり、そうでなければすでに私達は逝った者であります。それがこうして生かされているのは神様の願いがあるからであり、神様に行かされた命であるならば神様のために使うのみであります。・・」

「一昨日の礼拝のみ言」というのは、「本来関東に直撃していたが、祈ったから震源が海に飛んだ」ことを表します。

被災し亡くなられた方は神の願いがなかった。生き残ったものは感謝し40万円献金しろ・・・と読めます。

否、読めるどころか、統一教会の宋総会長はそのことを裏付ける更なる暴言をしていたのです。
やや日刊カルト新聞には、宋会長の演説の動画が証拠として残され、発言が文章化されていました。引用します。

 

【宋総会長演説(群馬) 2011828日】(抜粋)

「統一教会の祝福家庭は神様がお祈りを聞いてくださる」
「東日本大震災が起きた時に皆さんお祈りしたでしょう?」
Photo
125百万の内、他の教会、また善なる人だと思う人、良心的な人たちがお祈りした思いますか?しなかったと思いますか?もちろんしたでしょう。しかしそのお祈りを神様が聞いたでしょうか?」
「聞かなかったんです」
「真の父母と共に祝福を受けた、聖酒式をした純潔を守っている血統転換された人でなければ神様がお祈りを聞いてくれない」
「その日、私がすぐお祈りをしました」
「もしもし、日本総会長ですけども、どうやって日本にこういうことが起きたのですか」
「今、放送を観れば津波が仙台・福島・また茨城・千葉に来て10メートルの高さの津波が東京に来るというのですが、神様、私は渋谷に住んでいるんですけども、私も死んでしまいます。我々全部殺して神様の摂理をどうするのですか。ですから東京に居る統一教会の祝福家庭を見ても、警告の事件で、仙台・福島にしたとしても我慢してください、その様にお祈りしました。(神様は)お祈りを聞いたんですか?聞かなかったんですか?聞いてくださったんですね。神様が何とおっしゃたかとすれば、『分かった』と。何の話しか分からないですか?『分かった』と。それで、本来は、より拡散、大きくなる筈だったが、神様が『このぐらいしたら日本が本当に悔い改める筈だ』、『このぐらいすれば真の御父母様の入国もさせるでしょう、拉致監禁もこれからしないでしょう』とそう思われたのです」

 

整理すると、

真のご父母さまの祝福を受けたものしか、神様は願いを受け入れない。他宗教の祈りは神様は受け入れない。私はこのようにお祈りしました。ニュース映像で今や津波が仙台、福島、茨城、千葉を襲い始めています。私は東京渋谷に住んでいます。10mの東京に来れば私も死に、神様の摂理を成就することが出来ません。どうか日本人に対する神様の怒りは、仙台、福島に留めて我慢してください。私はそのようにお祈りしました。神様は私のお祈りを聞いてくださいました。神様は怒りをこのぐらいに留め、日本人が悔い改めること願っている。

これが宗教者の祈りで、神の意志でしょうか。
東日本の人は、
我慢して死んで当然と言っているのです。

このような宗教団体が、東日本大震災の犠牲者の慰霊を他宗教の施設で行う意味はなんなのでしょう。

他宗教に、震災の原因をもとめ、悔い改めることを要求していることになるのではないでしょうか。神道が侮辱されていることも理解できず、靖国神社は2年に渡る彼らの慰霊祭なるものを受け入れてしまっているのです。

統一協会による今年の慰霊祭がどこの宗派の施設で行われるか知りませんが、ご自派の宗教が根本から侮辱、冒とくされていることを知るべきだと思います。

私が一昨日アップした空海霊界メッセージと併せて考えますと、彼らの慰霊祭の意義と言うのはこう読めるのではないでしょうか。

キリストも釈迦も、マホメッドも孔子も、空海も・・・すべての宗教の開祖した人物は「統一原理」こそが真実であることを霊界で認めている。そのことを認めようとしない日本の既存宗教の聖職者に警告するために大震災があったのだ。
私たちが大震災の慰霊祭を既存宗教の聖職者を集め、靖國神社で行うのは、日本古来の代表的宗教である神道の象徴である靖国神社の悔い改めを既存宗教の聖職者とともに御父母様の前に明らかにし、これ以上の災難に日本が襲われないようにするものだと・・・。

 


日本の心ある聖職者の皆さんへ

このような慰霊祭とは名ばかりの東日本大震災の犠牲者に死んで当然と云わんばかりの、統一教会の身勝手な日本の既存宗教を冒とくするためのイベントに、自派の施設が利用されないように目を絶やさないでください。


2014年2月27日 (木)

仏教人は、愚かな自ら道を繰り返すな・・・空海・霊界からのとんでもないメッセージ?!


一昨年の文鮮明の聖和式の時、弔意を示した日本の仏教の僧侶たちがいた。

統一教会は、異なる宗教の「和解」をことあるごとに宣伝し、ソウルの天福宮にはその象徴として、キリスト、孔子、マホメッド、釈迦の像がそびえたっている。
何も知らない人は、宗教の目指すところは同じであるから、素晴らしいことだと感じてしまうようである。
ちょうど1年前、靖國神社で「第2回東日本大震災被害者慰霊祭」なるものが統一教会によって開催された。http://share.system.vc/2/239898

そこには全国から仏教、神道、キリスト教の聖職者といわれる人物が集まった。

私の家は空海が開いた真言宗。統一教会は空海についてどのように言っているのか、手元の資料を調べてみた。
統一教会の「グラフ新天地」でキリスト、マホメッド、釈迦、孔子などの霊界メッセージがシリーズ化されていた。2003年6月号には、空海、最澄の霊界メッセージなるものが掲載されていた。


Photo


文末に空海の部分を引用するが、シリーズのすべてのメッセージの中で、聖人たちに「統一原理」以外のものは誤りと言わしめ、ずうずうしくも統一原理が一番正しいと宣伝している。

とんでもないメッセージである。

統一教会は「神様は人類の父母」という言い方をするが、実は今や神様の上に、真のご父母様(文鮮明・韓鶴子)が存在する位置づけとなっていて、「統一原理」も教義上崩壊せざるを得ない状況となっている。

結局、統一教会が一番偉いんだと言っているだけの団体。

まもなく、大震災から3年目を迎えようとしているが、そんな団体に大震災・津波の被災者の遺族の苦しみ、悲しみなど分かろうはずもない。




グラフ新天地・2003年6月号より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

霊界ではキリスト教、仏教、儒教、イスラム教など諸宗教の代表者たちが、統一原理セミナーに参加し、霊能者を通してその所感を送ってきています。今回は真言宗の開祖・空海(弘法大師)と、日本天台宗の祖・最澄(伝教大師)からのメッセージです。

仏教者の立場を超えて

                   
空海

神様のみ意(こころ)を知らなかった


美しい世界が私たち人間と常に共にあったのに、私、空海は、どうしてそれほどまでに創造主のみ手を推し量ることができなかったのでしょうか。あまりにも胸が痛んで耐えることができませんでした。

長い歳月にわたり、山川草木と共に、孤独を慰めてみたり、言葉を掛けてみたりしながら、おなかがすいた時には、その中から果実を取って食べたにもかかわらず、それに対する神様のみ意をどうして考えることができなかったのでしょう。人間の先祖から受けた原罪ゆえに、神様を探そうとする意識まで暗闇に覆われてしまったからでしょうか。

人間の先祖から受けた原罪ゆえに、神様を探そうとする意識まで暗闇に覆われてしまったからでしょうか。
神様は人類の父母です。神様は、子女である人間のために美しい天地万物を創造してくださり、幸福の住みかを準備してくださいました。それにもかかわらず、私たち人間は、神様の深いみ意を知らずに生きてきたので、神様を知らなかった子女の無礼を神様がどのように許してくださるのか分かりません。子女を許すしかない神様の痛みを、私たちがどのように慰労してさしあげることができるでしょうか。


人類の対立をなくす「統一原理」

文鮮明先生は、人類の平和のために、とてつもないことをなされました。暗闇の中にいる人類を救い出されたので、やはり人類の真のご父母様であり、大先生であられます。
私、空海が「統一原理」の偉大性をどれほど称賛しても足らないでしょう。例えてみれば、「統一原理」は人間の再創造の場です。それは。教団の障壁、人類の障壁、思想の障壁等、人類のすべての対立や摩擦を崩すことができるものです。

神様は人類の父母であり、人類は神様を父母として侍る一つの兄弟姉妹です。ですから、兄弟姉妹の考えが異なることはできません。仏教人は、みな仏者として過ごしてきた自らの道を繰り返す愚かな場所から一日も早く解放されることを望みます。私は、「統一原理」の道を静かに超然と従っていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年10月19日 (土)

韓国人夫のDVに耐えられなくなり、子供と共に日本に帰りたいと願っている方へ・・・やり方を間違えるとハーグ条約で子供は戻せないことも

 

ハーグ条約は多国間に渡る、武力紛争やハイジャックなどの問題の解決手段として取り決められているようですが、今日紹介しますのは、ハーグ条約国際的な子の奪取の民事面に関する条約についてです。

ハーグ条約・国際的な子の奪取の民事面に関する条約の関連法案が本年6月に日本の国会を通過し、その運用が開始されるのは時間の問題となってきているようです。

統一教会の合同結婚式で韓国人男性と結婚して韓国に渡った日本人女性は6000人とも言われています。

ネットの発達で、多くの統一教会情報を見られる環境にある中で教義の間違や文鮮明がメシアではないことに気づき離教される方があとを絶たない状況が韓国でも続いています。

ただ未だに呪縛の世界に取り込まれ、韓国人夫のDVに耐えて生活される方の数は少なくないようです。

日本の離婚理由のトップは性格の不一致ですが、韓国では夫のDVがトップとのことです。

韓国人夫のDVについて統一教会の現地の対応は「日本のトウゲン(過去の侵略を償う)だから我慢しなさい」というものだそうですが、「子供が被害に遭うようであれば、連れて逃げなさい」ということのようです。
実際、今まではハーグ条約の制限のない状況下で、離婚しないままDV夫から子供を守るために日本に子供を連れて帰られ、理解あるカウンセラーのもとで離教し離婚され、子供と共に新たな人生を開始された方もみえます。

でもこれからのハーグ条約の下では、このような手法はいい結果をもたらさないようです。

たまたま、昨日ハーグ条約に詳しい方のお話を聞く機会を与えられました。

ハーグ条約は、韓国でも今年3月から運用されて、日本でも開始となれば、韓日家庭のDVで離婚もせずに子供を日本に連れ帰るという手段は、夫側に有利となるだけのようです。
でも、DVがあれば、妻側に有利ではないか、と言われる方もあるかもしれません。

でも公的に誰が夫のDVを証明するのでしょうか。

相談した韓国統一教会?

とんでもないです。

昨年春川の夫のDVに耐えかねて夫を殺害したMさんの弁護をした統一教会側の弁護士は求刑を2年も上回る9年の実刑判決を受け入れてしまっているのです。
私はこのような連れ去りや、夫殺人の背景にあるものは、離婚すると災いに遭遇するという統一教会の呪縛があるのではないかと思っています。

夫を殺すぐらいであれば離婚すればいいのに、というのが普通の感覚ですが、そこが呪縛世界の異常性とも言えるのでしょう。

逃げ道を塞がれ耐えて、耐えて、・・・気がつたら夫を殺害していた。

統一教会の教義では祝福結婚した夫婦の離婚は禁止されていますが、こんな悲劇を生み出さないために、統一教会は離婚を認めるべきであり、DVの激しい家庭に対してはそのような指導するべきだと思っています。


日韓双方のハーグ条約のもとで、いかに子供を連れ去ることなく夫のDVから子供の安全を確保するのか。
一番いいのは、韓国の児童相談所に相談し、母と子を夫から離すというのが、昨日のひとつの結論だったと私は受け取めています。

そこで、調べてみましたが、東洋大学人間科学総合研究所紀要第10号で「韓国における被虐待の現状とん地域支援システム」 というPDFがネット上で見ることができます。

韓国には政府機関で中央児童保護専門機関というのがあるようです。

児童虐待の通報電話は 1577-1391/129
その他、韓国では民間の保護施設もあるようです。
この公的機関に相談しながら、連れ去ることよりは離婚し、親権を確保することいいのではないかと思います。

反対派という言葉に抵抗のない方は、まずは日本の全国統一教会被害者家族の会にご相談ください。日本、韓国のカウンセラーと連絡を密にしながら、対応していただけると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

日本経済新聞・・・ハーグ条約関連法が成立、子供の返還にルール

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1200H_S3A610C1CR0000/

 

外務省サイト

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/

 

国際的な子の奪取の民事面に関する条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%A5%AA%E5%8F%96%E3%81%AE%E6%B0%91%E4%BA%8B%E9%9D%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E7%B4%84

2013年10月15日 (火)

韓鶴子が来日し 明日は大型台風接近の中で埼玉アリーナ講演会

 
金孝南が出てきて壇上にひとつの椅子を用意し、今まさにここに真のお父様が降臨しています、とでも言っているのでしょう。

でも明日は10年に一度の大型台風が関東に来るというのに埼玉アリーナで講演会だそうです。

ここで思い出すのが、東日本大震災直後の統一教会のトンデモ発言。

北風と太陽 2011/03/21被災死者にムチうつ3.15「食口の皆さま」文書と、文鮮明師の大地震への寄付170万ドルに違和感

http://kokoro.mo-blog.jp/weblog/2011/03/315_a6e9.html

 

やや日刊カルト新聞 2012/6/21 日本統一教会宋総会長、東日本大震災の津波被害に関し暴言を連発!

http://dailycult.blogspot.jp/2012/06/blog-post_21.html

 

要約すれば、3.11大震災は本来は首都圏に住む人々が被災するはずであったが、、統一教会の霊能師金孝南(キムヒョンナム)や当時の日本統一教会の宋会長の祈りよって救われたのだというものである。

 

今回は韓鶴子埼玉アリーナ講演を直撃しそうであるが、台風がそれようものなら、統一教会の思う壺であるが、そうはなりそうもない。
地震と台風は別だとでも言うのだろうか。
それとも直撃となれば、日本人食口のトウゲン不足とでも言うのだろうか。

台風が直撃しようが、それようが、どちらもカルトネタであることに間違いない。

 

ふざけるな、韓鶴子、インチキ霊能者金孝南!

 

韓鶴子来日の日程

 

 

14日 来日 北海道

 

15日 北海道

 

16日 埼玉スーパーアリーナ

 

17日 長野

 

18日 名古屋

 

19日 大阪

 

20日 長野

 

22日 神戸(大阪)

 

 

 

より以前の記事一覧