2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

原理講論批判

2014年10月19日 (日)

原理講論・再臨論 韓国語で統一というけれど子女の大半は英語圏育ち

文家の元嫁、洪蘭淑女史のCBSインタビュー


司会者 : 文恩進さんは、統一協会系書誌を飾る仲睦まじい文家の写真は皆偽りなのが事実で、文師は、お子さん達と共に時間を過ごすことが殆ど無いと言います。また、文師は幼い5人のお子さん達とは言葉も通じないと言います。


司会者 : その幼いお子さん達は韓国語を話しますか?

洪蘭淑 : 殆ど話せません。

司会者 : 文師は英語が話せないのですか?

洪蘭淑 : はい。

司会者 : それなら、幼いお子さん達は...

洪蘭淑 : 父親と殆ど会話をしませんね。


司会者 : お父さんと対話がないのですね。

洪蘭淑 : そうです。 意思疎通が出来ませんから。

ドナ・コリンズ : その事を、文師の娘が私へ言っていました。しかし、韓国語の話せるお子さん達とも文師はあまり接していません。



娘と話したとき、私の質問に詰まると「原理講論は韓国語で読んでこそ本来の意味が分かる。日本語の原理講論は、本当の意味を日本人が全て理解できるわけない、翻訳した時に本来の意味が伝わらなくなっている。お父さんの質問に日本語で答えても意味がない」と言った。

そうであるならば、清平修練よりは韓国語を勉強すべきではないのか、原理講論が真理ならば私も勉強するから一緒に勉強し原理講論をもっと理解できるようにしょうと意気投合・・・・?

こんなことでしか、娘と意思疎通することができない統一教会のマインドコントロールに恐怖を覚えた。

韓国語で世界を統一しようということが原理講論の第6章第5節に書かれている。メシア文鮮明が朝鮮半島で生まれたからということなのだろう。

以下、原理講論からコピー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
原理講論 第6章 再臨論 第5節 言語混乱の原因とその統一の必然性


「一つの父母のもとにある同じ子孫として、同一の喜怒哀楽の感情をもっていながら、これを表現する言語が異なるために、互いに通じあうことができないということほど不幸なことはないであろう。それゆえに、再臨の主を父母として頂く、一つの大家族による理想世界がつくられるとするならば、当然言語は統一されなければならないのである。

 
・・・・・・

人類の父母となられたイエスが韓国に再臨されることが事実であるならば、その方は間違いなく韓国語を使われるであろうから、韓国語はすなわち、祖国語(信仰の母国語)となるであろう。したがって、あらゆる民族はこの祖国語を使用せざるを得なくなるであろう。このようにして、すべての人類は、一つの言語を用いる一つの民族となって、一つの世界をつくりあげるようになるのである。」


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文鮮明、韓鶴子の子女の大半はアメリカで育っています。私の知る限り国進はアメリカ国籍です。文鮮明は英会話が得意ではありません。
長男の元妻蘭淑さんは、CBSのインタビューで、まともに文鮮明、韓鶴子夫婦は子育てなど考えていないことを暴露しています。この親子は家族の愛情を築き上げたと言えるのでしょうか。


今日紹介した原理講論・再臨論にある「一つの父母のもとにある同じ子孫として、同一の喜怒哀楽の感情をもっていながら、これを表現する言語が異なるために、互いに通じあうことができないということほど不幸なことはないであろう。それゆえに、再臨の主を父母として頂く、一つの大家族による理想世界がつくられるとするならば、当然言語は統一されなければならないのである。」は韓国第一主義を韓国語で統一という言葉で置き換えたものです。

しかし、書き上げた当時将来の自分の家族が英語しか話せないことになるとは、このメシアさん予知できなかってようです。

これを韓国語で読めばもっと深い意味がわかるというのであるならば、それに添って文家の子女がなぜ韓国語が話せないのか教えて欲しいものです。

言っていることと、やっていることの違い。そこにはどういう意味があるのでしょう。


日本では、言動不一致の人は信頼するなと、親は子に教えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参照

ちゃぬの裏韓国日記

文孝進氏の元妻、洪蘭淑女史のCBSインタビュー

http://ameblo.jp/chanu1/entry-11753297062.html


北風と太陽 保存版 原理講論批判
http://blog.goo.ne.jp/kokoro2442/c/28ac22166d66a8e260251545a17e137b

/////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

統一協会被害者家族の会 相談

               電話:03-3350-5808
       (水・金曜 13:0016:00)変更があるかもしれませんのでHPでご確認ください。
        http://www12.ocn.ne.jp/~kazoku/tk-denwasodan.htm
         
メールでの相談はメールフォームをご利用ください。   

           http://www12.ocn.ne.jp/~kazoku/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

神田 明  (家族の会・個人ボランティア)

 

携帯     090 2140 5808

 

相談日   毎日(日曜、祭日も受け付けていただけます)

 

時  間   19時30分~20時30分

 

気軽にご相談ください。

 

        中部地方でのご相談は  日本基督教団中部教区 052-971-8497