3月23日に9道府県の知事選が告示され、熱戦の火蓋が切られた統一地方選挙。

しかしその投票先選びには細心の注意が必要なようです。

今回のメルマガ『詐欺・悪質商法ジャーナリスト・多田文明が見てきた、口外禁止の「騙し、騙されの世界」』では、かつて旧統一教会の信者だったジャーナリストの多田文明さんが、800名もの地方議員が旧統一教会と連携しているという、教団の内部資料で判明した驚愕の事実を紹介。その上で、今回の選挙の結果如何では「教団の国教化」がさらに進む懸念があるとして、有権者に対して候補者の見極めを訴えています。

///////////////////////////////////////////////////////////

参照

統一協会と地方議員、首長についてまとめブログ

「旧統一教会との関係断絶を」 統一地方選前に弁護士らが声明

来月の統一地方選前に…旧統一教会2世が議員3800人調査 関係が“深い”都道府県はどこ